FXの税金と確定申告について方法・テクニックを解説。くりっく業者も紹介。

『FXの税金と確定申告』へようこそ
ややこしいFXの税金と確定申告。
その仕組みと申請方法を分かりやすく解説します。
節税のテクニック、お得なくりっく業者の紹介もあります。



FXの税金と確定申告TOP > FXの税金と確定申告CATEGORY - ネットで出来る確定申告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでは今回はオンラインで確定申告するために、
e-Taxの始め方を説明致します。

最初はSTEP1 準備


■「電子証明書」の入手

まずはネット上の印鑑とも言える「電子証明書」が必要です。
住民票のある市区町村の窓口で入手しましょう。


■ICカードリーダーの入手

パソコンに読み込むためのICカードリーダーも必要になります。
これはe-Tax専用のものではないので、
家電量販店やインターネット販売でも購入できます。



ちなみに「電子証明書」である住民基本台帳カード(ICカード)は
1,000円程度かかります。
そしてICカードリーダーは市場価格で3,000円程度です。
5,000円の控除があるので実質的にはタダで買えることになります。


■ソフトのインストール

上記2つがそろったらICカードリーダライタ及び電子証明書の
ソフトウェア等をインストールして使える環境を整えてください。

先日の記事でオンライン確定申告e-Tax(イータックス)の
メリットをあげましたが、本当にe-Tax(イータックス)は
お得な仕組みなのでしょうか?

e-Tax(イータックス)のメリットはこちら
オンラインで確定申告e-Tax(イータックス)のメリット

確かにe-taxのメリットはあることはあるのですが、
実はそれほど大きなメリットとはいえないようです。

e-taxのインセンティブとして5000円の控除がありますが、
また別途ご説明しますが、e-taxを開始するためには
カードやカードリーダーを買わなければならず、
5000円近くの実費がかかります。

源泉徴収票、医療費領収書などの
第三者作成書類添付の省略に関しても
3年間の保存が必要ですし、
怪しければ確定申告後にチェックされて
提出を求められる可能性もあります。

そう考えると今のところe-taxには
それほど大きなメリットがあるとは言い辛いです。

還付が早い、郵送がいらないとは事実なので、
その部分に魅力を感じる方は
今年からe-taxに挑戦しても良いでしょう。

あとの方は国税庁がe-tax普及のために
控除額をさらに引き上げるのを
ゆっくり待ってみるのも手かと思います。
現在国税庁が猛烈にプッシュしている電子申告のe-Tax(イー・タックス)。
利用者増加のために様々な特典が用意されています。

電子申告e-Tax(イー・タックス)のメリットは
以下のようなものが上げられます。

①最高5000円の控除が受けられる
e-Tax経由で期間内に申告した場合
最大所得税から5000円を控除できます。
(ただし平成19年分、平成20年分の
 いずれか一回)

②添付書類が提出不要
医療費の領収書、源泉徴収票など、
第三者が作成の書類の添付が省略出来ます。
(ただし3年間の保管義務はあり)

③還付までの期間が通常6週間から3週間に
e-Taxの利用で還付までの期間が半分になります。


利用者増加のためにいろいろe-taxには
メリットが用意されているんですね。

ただしこのメリット、ちょっと注意しなければ
ならない点があるのですが、それは次回に。

オンラインで確定申告e-Tax(イータックス)は本当にお得か?
現在確定申告をする際に記入する申告書は、
すべて国税庁のホームページで作成することが出来ます。

そして作成した申告書のデータを提出する方法は2つ。

①プリントアウトして郵送または持参して提出する方法
②ネット上でデータを送信する方法(電子申告)

国税庁は②の電子申告をe-Taxと名づけて
様々なメリットを打ち出して、
現在利用促進に力を入れています。

このe-Taxを使った確定申告の
メリットについて次回紹介します。

オンラインで確定申告e-Tax(イータックス)のメリット
国税庁のサイトを見られた方はお気づきになったでしょうが、
現在イータックス(電子申告e-tax)への誘導が
かなり強く行われています。
街や雑誌のなかにも池脇千鶴をキャラクターにした
e-tax(イータックス)の広告を良く見かけますよね。

実はこれ国税庁がe-taxでの確定申告を増やして
オンライン化をする目標が決まっているそうです。
本年2008年には確定申告全体の3%を
e-tax(イータックス)でオンライン化する目標とのこと。

ですので国税庁も必死になってe-taxをアピールしています。
そしてアピール以外にもいくつか新しい特典が
e-taxによる確定申告にはついてくるのです。

確かに郵送いらずのオンライン確定申告には魅力があります。
次回以降にこのe-tax(イータックス)を利用する確定申告について
ご紹介したいと思います。


e-tax(イータックス)ってなんだ?~オンラインで確定申告~②
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。