FXの税金と確定申告について方法・テクニックを解説。くりっく業者も紹介。

FXの税金と確定申告TOP > スポンサー広告 >『FXの税金と確定申告』  税金の時効は何年か?FXの税金と確定申告TOP > FXと脱税 >『FXの税金と確定申告』  税金の時効は何年か?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前の記事「FXで脱税した際の罰則(ペナルティ)」でも書きましたが、
脱税をした場合、脱税分への税金は当然徴収されますが、
正規の税金徴収以外に罰金(ペナルティ)が課せられます。

それでは、表現は悪いですが、
何年バレなければ逃げ切れるのか?

税金の消滅時効は最大5年です。
ただし不正があった場合には
最長7年となります。
税務調査でも最長7年間の
履歴を調査するそうです。

仮に昨年FXを始めた人がいたとして、
今年確定申告しなかったけど、
なにもお咎めがなかったとします。

しかし最長だと7年後になって
脱税が発覚する可能性があるのです。
7年分の脱税分の税金とペナルティを
一度に払うことになるかもしれません。
その時はたっぷりと延滞税も
載って来ていることでしょう。

しかもずっと勝ち続けて脱税金額が大きくなっていると
さらにひどいペナルティが課せられる可能性があります。

前回の記事ではあえて書きませんでしたが、
そう、刑事罰です。

いわゆる脱税罪で逮捕され刑事罰を受けることになるのです。
刑事罰は実刑判決と罰金で、
所得税の場合5年以下の懲役に加えて、
罰金が科せられます。罰金額は利益の3割程度らしいです。

しかも近頃の報道を見ていると
メディアに本名も晒されて
社会的制裁も受けることもありえます。


想像するだけで恐ろしいです。
そんなことにならないためにも、
必要経費を増やしたり、
くりっく365を利用するなどして
合法的に節税をするように努力しましょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。