FXの税金と確定申告について方法・テクニックを解説。くりっく業者も紹介。

FXの税金と確定申告TOP > スポンサー広告 >『FXの税金と確定申告』 FXの必要経費具体例①FXの税金と確定申告TOP > FXと必要経費 >『FXの税金と確定申告』 FXの必要経費具体例①
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXの必要経費としては例えば
次のようなものが認められています。

●売買手数料(支払い手数料)●
FX業者に支払う売買手数料は、
取引の際に発生する経費なので、
当然の事としてすべて認められます。

ただしあくまでも課税対象になる取引にかかった
売買手数料のみが対象です。
まだ確定していないポジションの売買手数料は
対象になりませんのでご注意を。


●筆記用具・文房具など(消耗品費)●
トレードの際に使った筆記用具・文房具なども
必要経費として申請可能です。
トレードの記録をノートにつけている人は
当然ノート代は必要経費になります。


●電話代・プロバイダー料金(通信費)●
プロバイダー料金についてですが、
FXトレードのみでインターネットを使う場合には
全額認められる可能性はありますが、
そういうことは通常はないので、
全額は基本的に認められません。
どのぐらい認められるかは確定申告をする
税務署にお問い合わせ下さい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。