FXの税金と確定申告について方法・テクニックを解説。くりっく業者も紹介。

FXの税金と確定申告TOP > FXの税金と確定申告ARCHIVE - 2009年02月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン確定申告e-Taxに対応した
カードリーダー、カードライターですが、
随分と最近は値段が安くなってきております。

例えば下のようにかなり安価なカードリーダー、
カードライターも販売されております。




住基カード(住民基本台帳カード)に500円から1000円。
電子証明書の発行に500円。
そしてカードリーダー、ライターに約2000円。

e-Taxではこれら手続の費用とICカードリーダライタの取得費用として
最高5000円の税額控除が受けられますので実質的には
タダでe-Taxを導入することが出来ます。

ただやっぱりカードの受け取りのために
役所に行ったりしないといけないので
なかなか面倒ではあります。

しかし手間は最初だけで、
次年度からは随分楽になりますので、
時間的に余裕のある方はぜひ一度
e-Taxの確定申告にチャレンジしてみてください。

スポンサーサイト
さて、今年も確定申告のシーズンがやってきました。

本日の朝日新聞の日曜版にも
「ネットでする確定申告」というテーマで記事が掲載されております。

e-Tax入門編と題して、e-Taxの手順が詳しく書かれております。

1.住基カード取得
2.電子証明書の取得
3.ICカードリーダライタの購入、ドライバソフトのインストール
4.国税庁のホームページへアクセス

とe-Taxの確定申告の手順が書かれております。
もし朝日新聞を取っている方は分かりやすいので
見てみると良いかもしれません。

こちらのブログでも以前に一連の申込手順を
書きましたのでご参照ください。

ネットで出来る確定申告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。