FXの税金と確定申告について方法・テクニックを解説。くりっく業者も紹介。

『FXの税金と確定申告』へようこそ
ややこしいFXの税金と確定申告。
その仕組みと申請方法を分かりやすく解説します。
節税のテクニック、お得なくりっく業者の紹介もあります。



FXの税金と確定申告TOP > FXの税金と確定申告CATEGORY - ネットで出来る確定申告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン確定申告e-Taxに対応した
カードリーダー、カードライターですが、
随分と最近は値段が安くなってきております。

例えば下のようにかなり安価なカードリーダー、
カードライターも販売されております。




住基カード(住民基本台帳カード)に500円から1000円。
電子証明書の発行に500円。
そしてカードリーダー、ライターに約2000円。

e-Taxではこれら手続の費用とICカードリーダライタの取得費用として
最高5000円の税額控除が受けられますので実質的には
タダでe-Taxを導入することが出来ます。

ただやっぱりカードの受け取りのために
役所に行ったりしないといけないので
なかなか面倒ではあります。

しかし手間は最初だけで、
次年度からは随分楽になりますので、
時間的に余裕のある方はぜひ一度
e-Taxの確定申告にチャレンジしてみてください。

スポンサーサイト
さて、今年も確定申告のシーズンがやってきました。

本日の朝日新聞の日曜版にも
「ネットでする確定申告」というテーマで記事が掲載されております。

e-Tax入門編と題して、e-Taxの手順が詳しく書かれております。

1.住基カード取得
2.電子証明書の取得
3.ICカードリーダライタの購入、ドライバソフトのインストール
4.国税庁のホームページへアクセス

とe-Taxの確定申告の手順が書かれております。
もし朝日新聞を取っている方は分かりやすいので
見てみると良いかもしれません。

こちらのブログでも以前に一連の申込手順を
書きましたのでご参照ください。

ネットで出来る確定申告
オンラインで確定申告 e-Taxの始め方
最後はSTEP4 確認 です。

申告書データを送信後は、
「即時通知」で内容を確認します。

合わせてe-Taxのホームページの
「受付結果の確認」でメッセージが
届いていることも念のため確認します。

これでオンラインで確定申告 e-Taxは終了になります。
カードやカードリーダーを入手する部分がやや面倒ですが、
あとは特に難しい部分はありません。

今回はポイントとなる部分を大雑把に
説明しましたが、細かい説明は
国税庁のホームページ
「e-Taxで確定申告」に詳しいです。
是非オンラインで確定申告にトライしてみてください。

「e-Taxで確定申告
http://www.nta.go.jp/e-tax/index.html
オンラインで確定申告 e-Taxの始め方、
次は STEP3 作成・送信です。

国税庁のホームページの「確定申告作成コーナー」で
指示通りに申告書データを作成します。
そしてそのデータを保存。

次に送信画面で、ICカードなどの認証を行った後に
送信します。

もうここまで来たらe-Taxによる確定申告
終わったも同然です。
オンラインで確定申告 e-Taxの始め方の次は
STEP2 登録 です。

e-Taxのホームページから「開始届出」で届け出を行うと
利用者識別番号、暗証番号が即時に発行されます。

そして続いて同じくホームページ上で
「初期登録」を行います。
ここで電子証明書の登録などを行います。

利用手順どおりにすすめれば
それほど難しくはありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。