FXの税金と確定申告について方法・テクニックを解説。くりっく業者も紹介。

『FXの税金と確定申告』へようこそ
ややこしいFXの税金と確定申告。
その仕組みと申請方法を分かりやすく解説します。
節税のテクニック、お得なくりっく業者の紹介もあります。



FXの税金と確定申告TOP > FXの税金と確定申告CATEGORY - FXとくりっく365
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手数料がやや高いというのもくりっく365の大きなデメリットと言えるでしょう。
くりっく365の手数料は業者によって違いますが、手数料が無料の業者はありません。
店頭のFX業者においては手数料が無料がスタンダードになりつつある今、
手数料はくりっく365の大きなデメリットです。

ただしくりっく365のメリットでも書きましたが、
くりっく365の業者はスプレッドが全般的に狭いのも事実。

トータルコストで考えるとそれほどくりっく365
不利ということもないかもしれません。
スポンサーサイト
くりっく365のデメリットのひとつに取引システムの自由度が低く、
やや使いづらい点が上げられます。

くりっく365はまだ歴史が浅いせいもあるのでしょうか、
くりっく365の業者のトレード機能はやや遅れており、
自由度の低さから不便な部分があります。

例を挙げてみると、二回に分けて購入しその後売却する場合、
くりっく365では先に購入したポジションから決済されてしまいます。
店頭のFX業者では、後から購入したポジションからでも
決済することが可能です。

また、一部のくりっく365業者においてはGTC注文が出来ません。
(GTC注文とは、発注した注文が取り消されるまで有効となる注文のこと)
GTC注文が出来ないくりっく365業者にかんしては
約定するまで毎週注文を入れなおさなければいけません。

これらのクリック365のデメリットはそれほど大きな問題ではありませんが、
やはりくりっく365の改善してもらいたい点のひとつではあります。
くりっく365のデメリットとしてレバレッジが低い点も
あげることが出来ると思います。

くりっく365では、レバレッジは最大約20倍程度になります。
非取引所取引のおいては最大400倍までレバレッジを
効かすことが出来るFX業者もあります。

それに比べてしまうとくりっく365
資金効率的に不利ということが出来ます。

しかしハイレバレッジのFXトレードによって
大損をしている初心者が多いのも確か。
レバレッジ20倍でも十分危ない領域なので
くりっく365のデメリットと言えるかどうかは
微妙ではありますが。
くりっく365のデメリットとしてあまり知られていませんが、
取引が出来ない時間帯があります。

くりっく365では、朝方に1時間程取引することが
できない時間帯が存在します。
(NZドルに関しては、約5時間)

基本的には起きていない時間帯なので
関係ないといえば関係ないのかもしれませんが、
一応くりっく365のデメリットといえるでしょう。
以前にクリック365のメリットを述べましたが、
デメリットの述べないとフェアじゃありません。

くりっく365のデメリットはいくつかありますが、
やはり一番のデメリットは扱い通貨ペアの少なさにあります。

くりっく365の扱い通貨ペアはドル円等の7組のみ。
ユーロドル、ドルスイスフランなどの外貨同士の
組み合わせは扱っておりません。

通貨ペアの種類が多いことは必ずしも
勝ちやすくなることには繋がりませんが、
選択肢が少ないという意味では
くりっく365のデメリットと言えます。

ただし2008年秋を目処にして、くりっく365
扱い通貨ペアを大幅に増やす予定との話です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。